一時保育

保育所、認定こども園、家庭的保育事業、⼩規模保育事業、事業所内保育事業(給付対象)
及び横浜保育室を利⽤していない(⼊所していない)児童を⼀時的に保育します。
横浜市⺠でなくても利⽤可能です。
満1歳から利⽤可能です。(1歳児クラスからになります。)

保育の種類

種類内容利用限度
非定型的保育保護者等の就労、職業訓練や就学、介護等により、家庭での保育が断続的に困難となる児童をお預かりします。週3⽇または
⽉120時間以内
緊急保育保護者等の疾病、⼊院、冠婚葬祭などやむを得ない理由により、緊急⼀時的に保育が必要となる児童をお預かりします。1回に連続して
14⽇以内
リフレッシュ保育育児に伴う保護者の⾝体的、⼼理的負担を解消するため、⼀時的に児童をお預かりします。1回の申し込みに
つき1⽇以内

利用日・時間について

保育曜日
月曜日~金曜日
保育時間
8時30分~16時30分

一日の過ごし方

一日の過ごし方

利用の流れ

(1)登録(年に一回)
事前登録が必要です。「登録申込書」に必要事項を記⼊してもらいますので、保育園へお問い合わせいただきお⼦様と⼀緒に 保育園へお越しください。
(2)利⽤申込
利⽤希望⽇の前⽉の1⽇から利⽤希望⽇の1週間前までにお申し込みください。キャンセルされる際は必ずご連絡ください。

利用料金

日額3歳未満児2,400円(1⽇・1⼈あたり)
3歳以上児1,300円(1⽇・1⼈あたり)
時間単位3歳未満児300円(1時間・1⼈あたり)
3歳以上児160円(1時間・1⼈あたり)
給食・おやつ代全児童500円(1⽇・1⼈あたり)

※アレルギーがある場合は、弁当・おやつをご持参ください。

※横浜市在住で、被保護世帯、市⺠税⾮課税世帯及び寡婦(夫)控除のみなし適⽤により
市⺠税⾮課税相当、多胎児減免対象と認められた者、ひとり親世帯等については、利⽤料が全額減免となります。

非課税相当

「保護証明書」、「保護(開始)決定通知書」、「⽣活保護費⽀給証」、「市⺠税・県⺠税(⾮)課税証明書」、
「市⺠税・県⺠税特別撤収税額通知書(納税義務者⽤)」「横浜市寡婦(夫)控除のみなし適⽤通知書」

多胎児減免対象

「⺟⼦⼿帳(出⽣届出済証明の箇所)」、「住⺠票」等多胎児であることが確認できる書類

ひとり親世帯等

「児童扶養⼿当証明書」、「福祉医療証」